拾い上げたカセットテープの感覚。it. music

A lost cassette tape on a street. it. music

share it.
  • LINE

it. musicは、ふと道で拾い上げたカセットテープの感覚で作られている。

誰が作ったかわからない、ただ、「mixtape」との文字の羅列と、「ナンバー」だけが記されたカセットテープ。
普段だったらそのようなものは拾わなかったはずだが、あなたは、それを旅先の部屋に持ち帰り、そこで思いに耽ることとなる。

すでに忘れて久しい、音楽の持っていた相反する感覚。新しい音への激しい渇望と、一方で、壊滅的に時間を奪われることへの恐れ。

120分はその時代のカセットテープの最大尺だ。

これから聴くことになる120分の…

「想像以上の未来へ」

it. music on Mixcloud

it. music is created with a sense of coming across a lost cassette tape on a street.

You don’t know whose tape it is, and there’s just a number and letters spelling “mixed tape” on it.

It’s not the sort of thing you usually do. However, somehow you can’t help taking the tape to your hotel room where you’re staying. Then, you start playing it.

The contradictions that music used to have, the craving for music you’ve never met, and the fear and trepidation of wasting time… This is what we had forgotten for a while.

120 minutes was the maximum time of cassette tapes in those days.

For 120 minutes, from now on, you’ll listen…

“To the future beyond imagination”

BACKback to all it. style